小田急電鉄
小田急ジョブサーチ

小田急ジョブサーチ スタッフインタビュー ホテル編

ホテルの環境だからこそ、楽しいコミュニケーションと成長があります。

ホテルクラッド・木の花の湯(株式会社小田急リゾーツ)宿泊Kさん 女性 パート 勤続2年

自分自身も楽しい雰囲気の中でお仕事をすることができると思ったことが、リゾートホテルを選んだポイントです。

 小田急グループのホテルということと御殿場プレミアムアウトレットに隣接しているという点で、とても大きな可能性を感じて興味を持ちました。そして、ホテルが新しくオープンするタイミングで、初めてお客様をお迎えする貴重な瞬間に立ち会ってみたいという気持ちが大きくなりました。また、それまでに経験してきた接客スキルをさらにブラッシュアップしたいという思いから、応募することを決心しました。  ホテルクラッドの近隣には、御殿場プレミアムアウトレット以外に、ゴルフ場も多くあることから、リゾート目的でお泊りになるお客様が多いことが予想されました。お買い物やゴルフを楽しみにいらっしゃるお客様をお迎えしながら、自分自身も楽しい雰囲気の中でお仕事をすることができると思い、このホテルを選びました。

感謝のお言葉と一緒に、満面の笑顔で感謝の気持ちを頂ける瞬間が一番嬉しく、やりがいを感じます。

 フロントカウンターでお客様のチェックイン・チェックアウトのお手続きや、フロント事務所でお客様や旅行代理店からの電話予約・問い合わせ対応、事務処理等を担当しています。  色々なお客様と様々な場面で接する機会があり、感謝のお言葉を頂けるときにやりがいを感じますが、その中でも特に、チェックアウトの際に「とても快適に過ごすことができました。」「お部屋からの富士山の眺めが最高でした。」等の感想のお言葉と一緒に、満面の笑顔で感謝の気持ちを頂ける瞬間が一番嬉しく、やりがいを感じます。  一緒に働く仲間は20代から60代と幅広い年齢層ですが、みんな仲が良くアットホームな雰囲気で楽しく働くことができています。忙しいときには、お互いに助け合って連携を取りながら仕事に集中できる環境です。私はパート社員として働いていますが、困ったときには社員の皆さんが責任を持って相談に乗り対応してくれるので心強く、安心してお客様の対応に専念することができます。また、福利厚生も充実しており、社員食堂では日替わりでおいしいお食事を頂く事ができるのも楽しみのひとつです。また、パート社員でも有給制度を使うことができ、お休み申請の希望を自由にきいてもらいやすい為、仕事とプライベートの両立を図りやすいという点でも大きな魅力を感じています。  今後インバウンドのお客様が回復したときに快適に過ごして頂けるよう、語学を磨いておきたいと考えております。

語学を活かせ、たくさんの人に出会える。そんな環境に満足しています。

ハイアット リージェンシー 東京 (株式会社ホテル小田急)ロビーサービス(ベル)Iさん 28歳 男性 正社員 勤続4年

お客様を笑顔にできる仕事だからハイアット リージェンシー 東京を選びました。

 高校を卒業し英語の専門学校で学んだあと、アメリカの短大に留学をしました。そこでは心理学やアジア史などを学び、卒業後は1年ほどアメリカで生活しました。アメリカでの就職も考えましたが、3年間暮らし、結局、帰国を決めました。やっぱり日本が恋しくなったのでしょうね。それに長く働くなら日本の安全で安定した環境だと思ったのです。 ホテルで働いてみようと思ったのは知人の勧めです。確かに自分の特技でもある英語力を活かせると思い、ホテルの求人募集を探し始めました。実は専門学校時代、某テーマパークで働いていたこともあり、接客業に面白さを感じていたのもホテルで働いてみようと思った理由です。 ハイアット リージェンシー 東京に応募を決めたのは、両親の勧めもあります。サービスでも有名なところだし、安定した環境だから頑張ってみたらとアドバイスをもらいました。採用が決まった時はうれしかったですね。ベルサービスの仕事を選んだのは、体を動かしながら接客をしたかったことと、人の笑顔を見るのが好きなためです。

より良いサービスを届けもっともっと素晴らしいホテルに。

 ベルサービスの仕事は、ホテルをご利用されるお客様の荷物のお預かり、お部屋までのご案内、荷物の発送、リムジンバスのチケット手配、その他交通手段のご案内などです。ホテルのロビーに常駐し、お客様の様子に気を配り、フレキシブルに働けるポジションといえます。その分、お客様からの要望も多種多様です。重い荷物も運びますし、ちょっとした道案内もします。時には日本の文化や観光名所の説明もします。こんなことできる?などホテルのサービスについてもよく質問されます。体力も知識も必要ですし、ホテル全体のサービスも理解していないといけません。最初のうちは苦労することも多かったですね。でも、先輩方の丁寧なご指導もあり、入社4年目の今では後輩の指導も任されるようになり、自信もついてきました。 近頃は海外からのお客様も増え、英語を話す機会が多くなりました。得意分野である英語が活かせるのはうれしいですね。成長を実感でき、充実感を持って仕事ができています。 今後の目標は、まずはシフトの責任者になること。後進のスタッフを育て、ベルサービス全体のスキルを上げていくこと。そして自分自身がパイプ役となり、他セクションと協力し、このハイアット リージェンシー 東京をもっと素晴らしいものにしていきたいですね。

小田急で働く先輩の声

バス・タクシー編

  • 頑張った分の成果が得られるタクシードライバーを転職先に決めたんです。

  • 憧れのバス運転手になれたという喜びの中、仕事に取り組んでいます。

TOPへ戻る